読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第四回家二郎報告会

家二郎

DSC03568.jpg

これまでのあらすじ

今回は 9/28 (日) に開催された。

機材・調理方法・オペレーションに前回からの変更点は無く (追記参照) 、今回は手持ちの寸胴で最大供給量と予想される 12 人前を提供した。

結果として 12 人前の提供は無事行えた。スープやブタは鍋の容量的に 13 〜 14 人前までいけると予想される。あとは、製麺をどれだけ頑張れるかという問題だろう。今回は 1 玉 200g * 12 人前 = 2.4kg の製麺を行なったが腕が棒になったので、腕力を鍛える必要がある。

今回は特に変更点が無い (追記参照) ので、家二郎の写真を貼り付けておく。

DSC03535.jpg

製麺直後の 1 つ 400g の袋。ここから更に 200g ずつラップで小分けにしておく。

IMG_4798.JPG

DSC03529.jpg

DSC03547.jpg

提供前にカエシに浸すのは前回と同様のオペレーション。

DSC03554.jpg

IMG_4822.JPG

IMG_4834.JPG

IMG_4840.JPG

IMG_4845.JPG

DSC03565.jpg

今後について

自宅ではこれ以上の人間を捌けないので、区民センターの調理室やレンタルキッチンなどを活用して、更なる供給量を目指したいと思う。

追記 (9/30 16:25)

変更点が無いと書いてあったが、あれは嘘で、スープの作り方に変更があったのを指摘されて思い出した。いままでは骨を煮込むときにネギの青い部分に加え、大量の野菜 (タマネギやキャベツの芯、人参など) を入れていたのだが、どうやらこれのせいでスープが甘くなってしまっていた。

これを辞めて、ネギの青い部分だけに留めたところ、スープから甘みが無くなり、より二郎に近付いたと思う。